スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光と影の魔術師

2011. . 27
04.jpg



レンブラント・ファン・レイン。


17世紀最強と謳われる光と影の魔術師。


そのレンブラントの展覧会が3月から開幕ということで


本日上野の国立西洋美術館まで


同じく美術館好きの後輩と行って参りました。


久々の上野ということで


美味そうな店も事前チェック。


トラットリアっていう


ピザの美味いイタリアンレストランで腹ごしらえ。



SBSH01691.jpg



サーモンクリームのペンネが美味でした。


次自分で挑戦するのは


ペンネのクリームソースに決定。


上野ごちゃごちゃしてるから


飯屋下調べして大正解でした。


てか上野って駅前にコンビニ全然ないんですね。


ちょっとびっくり。







さて目的の国立西洋美術館ですが


上野駅西口の目と鼻の先。


あっけなく到着。




SBSH01701.jpg



地震で予定よりお披露目が遅れたせいか


人多し!


しかし蓋を開けてみれば


2時間ガッツリ堪能して


人の多さなど気にもならない満足感


個人的にレンブラントは


フェルメールと同年代で被るので


フェルメールばっかりに関心いっちゃって


あまり積極的に見ていなかったのですが


実際に現物を鑑賞してみて


今まで持っていた


レンブラント絵画像が


完全に覆されました。


てっきり絵が綺麗とか繊細とか色の対比とか


その辺の要素で魅せるタイプの


画家かと思ってたんですが…


全然そうじゃない!


批評家達の言う通り


まさに『極めた』と言える程


黒と白、光と闇を自由自在に操り


崇高さと極めて高い写実性、


大胆な線と構図で


才能をガンガンに見せつけ圧倒してくる感じ!


痺れる!


ここまで迫力があるとは予想外。


特に黒色が格好良過ぎる!


筆一つであそこまでキャンパスを支配出来るとか


まさに魔術師。


かといって迫力のあるものだけでなく


しっかりと落ち着きのある温かい肖像画や風景画も


描いちゃって


そういう路線好きのハートもガッチリキャッチ。


しかもそういったタイプの絵画でも


しっかり黒と白のコントラストを使って


あくまでレンブラント流。


いや?分かってらっしゃる


なるほど、


レンブラント絵画の本質は


ストイックに探求し極めた先の


格好良さなんですね。


考え方180度変わりました。





とにかく生涯を通じて


油絵&版画というジャンルで


光と影の陰影表現を突き詰めていったレンブラント。


その格好良さに痺れて


ついでに感動で悶えることの出来る


素晴らしい展覧会というのが感想です(笑)


黒の額縁があそこまで似合うのは


レンブラント絵画ならではでしょう。


こりゃ17世紀最強言われて当然ですね。


是非機会があれば上野へ!


6月12日までみたいです。







ちなみに個人的に今展示会作品で


一番痺れたのはこれ






01.jpg



『東洋風の衣装をまとう自画像』




この写真見るだけも


迫力は伝わってきますけど


現物は迫力通り越して


意味不明なヨダレが出ました(笑)


黒のタッチが格好良過ぎるんですよこの方。


そしてその黒が格好良ければ格好良い程


光で照らされた描写箇所が輝く!


最後物販でこの絵の複製画あったんですけど


迫力がガクンと落ちていたのでパス。





img_rembrandt201103_1.jpg


代わりじゃないですけど


こっち買いました。


初期の名作『アトリエの画家』。


これも画家とキャンパスの


絶妙な距離感が堪らずディモールトベネですね。







最後全然関係ないけど


ドバイワールドカップ念願の日本勢初優勝おめでとう!


明るい話題も出てきましたね。
スポンサーサイト

空気の威信

2011. . 14
SBSH01431.jpg


えーここ3日で2回行って来ました。


内容はシュルレアリスムの歴史を


5つのセクションに分け


各セクションで活躍した芸術家の作品を配置して


トータルで体感するという感じ。


初日は私にとって精神的教祖である


キリコとダリの作品に気をとられていましたが


2回目は全体として鑑賞することに成功。


本当に素晴らしい内容でした。


シュルレアリスム初体験の方でも


展示がかなり整理されているので


音声ガイドで聞けば分かりやすいと思います。


初日は4時間ぐらい居たんですけど


全く時間の経過を感じることもなく。


ちなみに人の多さは絶大。


特に2/13(日)は半端ではなく


まだましだった金曜に初回見ておいて正解!


この感じだと間違いなく


都内美術館内で


上期最大動員数となるは必至。


人の数はとてつもないですが


どうしようか悩んでる方は


とりあえず行っておいた方がいいと思います。




ここからは個人的に印象的だったことをつらつらと。


今回シュルレアリスム全体で見た


重要な芸術家、作品を展示しているため


エルンスト、ミロ、タンギー、ダリ、キリコ、マグリットなどなど


豪華メンバーがひしめき合っている状態。


その中でも


2度目の参戦で気づいたのは


↓の作品の芸術家ヴィクトル・ブローネル



SBSH01461.jpg

「モティーフについて」



このノリで12点ぐらい展示。


恥ずかしながら来る前までノーマークだったんですが


間違いなく今展示会の主役。


なんというか個の力がもうあまりに強すぎて


とても常人の理解を得ることは出来ない水準。


ブローネルの超激濃ゾーンを抜けた先に


ピカソの絵画があったんですが


あそこにたどり着いた時のあの安心感といったら


もうそれはそれは・・・


筆舌に尽くしがたいものでした(笑)


圧倒的な超現実世界の放射。


今展示会最大の収穫はブローネル作品と出会えたことと言っても


過言ではないです!




あともう一つ非常に興味深かったのが


「甘美な死骸」という遊び。


当時シュルレアリストの間で流行ったらしく


4人が集まってシリトリ絵みたいな感じで


上からもしくは横から順番に書いていくのですが


どうやら天才達が才能を全面に出して遊ぶと


こう仕上がるらしい。









SBSH01451.jpg


ブラボー!!

超現実主義

2011. . 23
いやー溜め息が出る…


六本木国立新美術館空気読め過ぎでしょう。


この時をどれ程待ち望んだか。


最高にハイッてやつだ!!




151354536_1.jpg


シュルレアリスム展開催!!


来月2月9日より!


ダリとキリコの絵がずっと大好きで


展覧会来たら


絶対行こうと思ってたんですけど


全然その気配が無く悶々としてたところに


なんとダリもキリコも少数ながら


同時に見れる桃源郷ですか。


自分の事ながら


今回の展覧会何回足運ぶか


正直予測が出来ない。


出来るだけきちんとした格好でも臨みたい。


制服は征服するためにかかせないのだから。










chirico2_004.jpg


この神作生で見せてもらえるとか


世の中アガペーに満ち満ちてらっしゃる!

休みよさようなら・・・

2010. . 05
夕方地元から帰ってきました。


長期休暇明けの明日は


地獄確定なので


脳内リハビリを兼ねて


社内業務やろうと思います。


明後日は無理矢理出張コース持ってこないと


身がもちそうにない。




今回は今頃ブロガーがみんな書いてるであろう


GW何やったかとか書こうか思ったんですけど


それはまた今度にして


気になったニュースを。


ピカソのこの絵が


1億648万ドルで落札されたとか




PN2010050501000217_-_-_CI0002.jpg



熱い・・・


絵画界は相変わらず熱い。


しかし確か


史上最高額の絵画って


グスタフ・クリムトの


アデーレ・ブロッホ=バウアー?で


1億3500万ドルだった気がするんですが


今回のピカソのは


何かカテゴリーとか?で分けた上での


最高額なんでしょうか?


エニグマは謎だ。


気になるから今度調べてみることにしよう。










なんかコーラに税がかかるかもとか


今ニュースで言ってますね。


激しいですな。
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。