FC2ブログ

6月5日 亀山ダム

2011. . 14
一昨日の日曜


くそ忙しかった6月前半戦に区切りついたので


やっと落ち着いて更新です。


ちょっと前なんですけど


6月5日大学の後輩T君と亀山ダムにて釣行。


実は亀山初めてだったんで


興奮気味で前日寝れず(笑)





画像 294



まず着いて思ったのが


人多い!!


土曜日とか人MAXでした。


日曜なんとかボート予約取れたんで出船。


しかしそれ以上にインパクトあったのは


素晴らしきロケーション。


切り立った崖と見渡す限りの緑、


風がなくなぎて閑静な湖は


素晴らしいマイナスイオンを放っておりました。


今回はおりきさわボートでお世話になったので


ハンドコンのみで出船。


知らなかったんですけど


この房総エリアは基本的にハンドエレキしか貸出しがなく


強いて言うなら亀山のつばきもとレンタルボートのみ貸出しあり。


しかし周り見渡したら


各自持参でフットエレキ装着。


5船あったら3船は装着。


なるほど、、、今回の手応え次第で


いくらかまた見積もる必要が出てくるわけですか。


でもこの素晴らしいロケーション味わうだけでも


癒されそうだから


全然ハンドコンのみでもありかも。


とりあえず出船。





画像 300



画像 299



画像 296



画像 295



はっきりいって


視界に入る場所という場所全てが


オカッパリ基準だと超1級ポイントクラス。


探りたい場所多すぎて逆に困る(笑)


とりあえず上流行ってカバー撃って


サイトやって下りながらまたカバー撃って


中流エリア巻物で探ってめぼしいとこ撃って


最後の時間ボイルをミノーとトップで狙って終了。


釣果ゼロ!!


かろうじて一緒にいったT君が1本43ぐらいの確保。



画像 301



画像 302



もうなんかあのオーバーハングとか


あのゴミだまりとか


あのレイダウンとか


全部トラップ。


撃てども撃てども無限に無駄。


全然訳分かりませんでした。


しかも同日同じおりきさわボートの


他のアングラーはロクマルゲット。


??!?!??


しかし1日釣りして


亀山が人気な理由がなんとなく分かりました。




・ロケーションの良さ半端ない。



・バスフィッシングの醍醐味であるカバー撃ちが


 無限に出来るし美味そうなところも無限にある。



・釣れるバス見てるとなぜか大体でかい(少なくとも40)



・都内からアクセスそんな遠くない (アクアライン超えてちょっといけばすぐ)





あの素晴らしいロケーションで


デカバス率高けりゃそりゃ関東のバサーは


行くわなっていう。


とりあえず悔しいので


リベンジ確定。


結論ですけどやっぱりフットコンはいる!(笑)






☆荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論


51ib-Qcy3sL__SS400_.jpg


これ欲っし!!絶対買う!!


6月17日発売!!


大学の頃ホラー映画同好会で


色々見てたのが懐かしい!!


あと遂にリンプの新譜が今月末リリース。


6月は豊作だ!!


617Nh7retWL__SL500_AA300_.jpg

グロリアス筆おろし

2011. . 01
SBSH02001.jpg


ポイズングロリアスゲット!


早速霞ヶ浦で実戦投入してみました。


ずっと気になっていた172Hと164L、168Lの3機種です。


朝からテンション上げ上げで霞ヶ浦に乗り込むも


台風?の影響でまくりで現地は爆風。


爆風でも釣りになるところはないかと


ヒシ藻で覆われた川幅の狭いエリアに逃げるように移動。


必然的にまともに使えたのは172Hのみになってしまいまして


パンチングでかろうじて38ぐらいの2本ゲッチュー。


164Lと168Lは今回全然使用しませんでした




172H使ってみて分かったこと軽くインプレしますと


操作感良いしリフト力あるのは当たり前として


加藤さんがこの竿についてメディアで語るとき


頻繁に挙げている主張の一つである


掛けてからカキンカキンせずマイルドにやり取り出来る感じが


ヒシ藻ごと引っ張るカバー釣りの中でもまさしく感じられて


それがなんとも不思議に気持ち良い!


あと個人的興味で今フロッグ用としても使っている


ワールドシャウラ1703Rと


フロッグの操作性で比較してみたところ


穂先がマイルドなせいか操作性はグロリアス勝利。


あと全体のバランス?のせいかトゥイッチする際なぜか楽。


まだ一回しか使ってないんで明確なことは言えませんけど


今のところ非常にGOOD!

ベイトフィネス♪

2011. . 23
一昨日土曜は


購入した夢屋ベイトフィネススプール34mmのおかげで


ベイトフィネス出来るようになったので


霞ヶ浦水系の人気ポイント横利根で


早速実戦投入してみました。


タックルはこんな感じ


ロッド:ブラックレーベル641MLRB(グローブライド)
リール:メタニウムMg7左(シマノ)
ライン:ガノアアブソルート 8ポンド(バリバス)


ブラックレーベルの中で一番ベイトフィネス用?の


641MLRB偶然ゲットしたんで


スプールとロッドベイトフィネス仕様で期待大!


ていうか初めて横利根来たんですけど


えらい人気なんですね。


どこへ行っても先行者がいらっしゃって


正直ちょっとびっくりしました。





そんな人だかりを尻目に


スモラバやらネコリグやらシャッドやら


自分の使用範囲でライトなやつ全部試投。


素晴らしい!


かなり飛ぶ!


何より楽に投げれる!


しかもなんか知らないけどよく魚も釣れる!


シンクロ1.8g+ドライブクロー2インチ!

バス1



マキラバ3.5g+アンモナイトシャッド3インチ!

ばす2


ウェーバーシュリンプ3.5インチのDS!

SBSH01991.jpg

(ちっさいけど新作で釣れたからUP!笑)



あとはドライブスティック3.5インチのノーシンカーやら


ソウルシャッドSR超高速巻きで3連発やら


なんか色々な手法で釣れて


MAX41の計9本ご馳走様でした。


いや~素晴らしきかなベイトフィネス。


やりたいこと全部出来たって感じでしょうか。


元々ウルトラライトな釣りしない人なんで


これはベイトフィネスだけで


スピニングの範疇カバー出来てしまいますね。


特にソウルシャッドをマシンガンキャストして


超高速巻きするスタイルは


手返しめちゃくちゃ良いんで


一つの定番になりそうな感じ。


しかもリアクションで強制バイトさせるせいか


なんか他のリグより結果的に数釣れてるし。


何はともあれベイトフィネスサイコーな1日でした!


しかし久々に釣りした気が(笑)

2010. . 14
妖


このルアーの使い方が分からない!


基本はロングジャークらしいんですが


そう簡単に動くわけではない。


γみたいにショートトゥイッチの連続でも


ロングジャークでもどっちでも動くタイプじゃない。


特にショートトゥイッチでは


なんだか美味い動きが出てない気がする。


ちょっとコツがいるっぽいです。


ん?難しい。


とりあえず今週末の外房頑張ります。

VS鮫

2010. . 25
更新遅くてすいません。


前更新してからの間に


色んなところにこそこそ遠出してまして


ネタはあるんですけど


自分の情けない倦怠のために更新できてません。


申し訳ない。





今回はちょっと前の話なってしまうんですが


横浜でシャークフィッシングやってる船が一件あるので


覚悟決めて挑戦してきました。


ガチの雷魚ロッド持参。


なかなか渋かったですが


結果は無事1本捕獲。





シャーク2
シャーク1


重量24ポンド(10kg強)


長さ120cm!


初回にしては上々でした。


まさかシャークをハンドランディングするとは


思ってもみなかったので


貴重な経験が出来ました(笑)


何を隠そう今回釣ったサメは


「ドチザメ」というやつで


はっきりいってサメ階級の中では


最下層民レベルの低級シャークなので


危険度レベルはかなり↓。


皆さんご存知のジョーズ系ですが



omoshiro1455.jpg



このタイプは


メジロザメ科とかネズミザメ科という


サメ階級の頂点に君臨する存在なので


ちょっと今回のサメとは比べるのもおこがましいレベルです。


DBでいうフリーザとラディッツの差ぐらい。


貧弱な自分如きではまだ挑戦権すら無しです。


なんか相模湾方面の船で


真剣にメジロ族を狙おうとする動きが見られるらしいので


今後に期待したいです。


いや?でも引きはシイラクラスだったので


かなり楽しめました。





シャーク3

?タックル?
ロッド:ローディーラーR707RX エクセキューショナー(Whiplash)
リール:アンバサダー 6500C (アブガルシア)
ライン:バスザイルPE100Lb(エバーグリーン)
ルアー:サビキで獲ってすぐのアジ使ったヘビキャロ!笑



今回ドラグMAXでやりあってみたんですが


処刑人というロッドのリフト力の高さに感動しました。


まあ魚が寄ること寄ること。


耐えてるだけでバットが仕事してくれて


勝手に10kgが寄ってきます。


もちろん力でリフトすることはするんですが


向こうが突っ込んで根元から竿曲がっても


どこか余裕がある感じ。


バスじゃよく分かりませんでしたが


処刑人という竿の根源的な強さの一端を


鮫相手で垣間見た気がします。


「常に主導権を握れる竿」って感じですね。


良い竿だ!
 HOME