FC2ブログ

空気の威信

2011. . 14
SBSH01431.jpg


えーここ3日で2回行って来ました。


内容はシュルレアリスムの歴史を


5つのセクションに分け


各セクションで活躍した芸術家の作品を配置して


トータルで体感するという感じ。


初日は私にとって精神的教祖である


キリコとダリの作品に気をとられていましたが


2回目は全体として鑑賞することに成功。


本当に素晴らしい内容でした。


シュルレアリスム初体験の方でも


展示がかなり整理されているので


音声ガイドで聞けば分かりやすいと思います。


初日は4時間ぐらい居たんですけど


全く時間の経過を感じることもなく。


ちなみに人の多さは絶大。


特に2/13(日)は半端ではなく


まだましだった金曜に初回見ておいて正解!


この感じだと間違いなく


都内美術館内で


上期最大動員数となるは必至。


人の数はとてつもないですが


どうしようか悩んでる方は


とりあえず行っておいた方がいいと思います。




ここからは個人的に印象的だったことをつらつらと。


今回シュルレアリスム全体で見た


重要な芸術家、作品を展示しているため


エルンスト、ミロ、タンギー、ダリ、キリコ、マグリットなどなど


豪華メンバーがひしめき合っている状態。


その中でも


2度目の参戦で気づいたのは


↓の作品の芸術家ヴィクトル・ブローネル



SBSH01461.jpg

「モティーフについて」



このノリで12点ぐらい展示。


恥ずかしながら来る前までノーマークだったんですが


間違いなく今展示会の主役。


なんというか個の力がもうあまりに強すぎて


とても常人の理解を得ることは出来ない水準。


ブローネルの超激濃ゾーンを抜けた先に


ピカソの絵画があったんですが


あそこにたどり着いた時のあの安心感といったら


もうそれはそれは・・・


筆舌に尽くしがたいものでした(笑)


圧倒的な超現実世界の放射。


今展示会最大の収穫はブローネル作品と出会えたことと言っても


過言ではないです!




あともう一つ非常に興味深かったのが


「甘美な死骸」という遊び。


当時シュルレアリストの間で流行ったらしく


4人が集まってシリトリ絵みたいな感じで


上からもしくは横から順番に書いていくのですが


どうやら天才達が才能を全面に出して遊ぶと


こう仕上がるらしい。









SBSH01451.jpg


ブラボー!!
スポンサーサイト



 HOME