FC2ブログ

亀山フロッグパターン

2011. . 13
先週先々週と


とにかく亀山行ってます。


亀山に目覚めました。


なんかこう相性がピーンと来た感じ??


ちなみに先週は過去最高の


4バイト2キャッチでした。


良くは無い。


この釣果はまだ全然良くは無いです。


しかし何気にスローながら右肩上がりに


なってきております!


まずはキーパー3本揃えられるようになるの目標ですね。


そんな先週でしたが


一番最近でメモリアルだった魚が


先々週登場!!


自分の魚が亀山にもいらっしゃいました。





画像 306


ありでしょ?ありなんでしょ?と思ってた


フロッグパターンが亀山で遂に炸裂。


レイダウンの最奥にスリザーク叩きこんで


高速ドッグウォークでガオンと1発。


サイズは41のややアフターな感じの魚でしたが


嬉しすぎてちょっと周りから見て


気持ち悪い動きを船上でしていたのは


間違いないでしょうね。


もう凄いわこれ。


これだからバスは止められない!


亀山というロケーションでフロッグやるのって


逆に自然かなと思いつつあまり皆さんされていないようなので


徐々にパターン詰めてみようかなと思っています。




画像 308

ロッド:ポイズングロリアス172H ラッシュバーン (シマノ×ジャッカル)
リール:メタニウムMg7左(シマノ)
ライン:ウルトラキャストマンX8 62Lb(よつあみ)



このポイズングロリアス172H ラッシュバーンなんですが


まだ使用回数5回?ぐらいにして


もう完全に手放せなくなってきました。


フロッグの操作感がとにかく素晴らしい。


フロッグ用とかフロッグに◎とか銘打たれているロッドを


色々試してきましたけど


遂に最強選手登場か!?




ロッドとは別に


最近お気に入りなのがこのスリザーク。



画像 312



現在入手困難ルアーの筆頭株。


偶然手に入ったんで


結構今使ってるんですけど


これは凄く良いフロッグだと思います。


皆が何に利点を見つけて探してるかは分かりませんけど


僕としては市場のまともなフロッグが


ボディの柔らかさとアクション性の反比例関係を


うまくバランス取りしようとするがゆえに


逆に出しにくかった


ハードプラグ的な硬めでキレのある動きを


なぜかスリザークではバランス良い上に近いもの出せているので


そこに価値を感じて使ってます。


ペンシルとドッグウォーク系フロッグの中間的存在みたいな


ちょっと希少種でしょう。


しかし釣った時に弱点発覚。




画像 307


↑釣って即故障者リスト入り確定した瞬間。



どうもボディ素材とウェイト鉛の接着が弱い模様!


最初買ったときからフックがボディから露出してる箇所見て


ちょっと不安はあったんですけど案の定でした。


2個スリザーク持ってるんですけど


その日途中まで使った1個はスキッピングでブレイク。


もう一個はほとんど新品状態で↑の魚1本釣っていきなりブレイク。


ウェイト鉛との接着突き破ってあっけなくフックが登場します。


というわけでこれからスリザーク使おうとしてる方は


セットでシーラー買うのを強くお勧めします。


最初っからシーリングしとけば何も悩む必要はありません。


軽く2、3回塗る重ねるだけで十分です。


ちなみにたまに人づてとか雑誌で見たり聞いたりする話で


シーリングすればフックにまつわるトラブルは解消するものの


ボディにフックが固定されてしまうため


食ってきた魚が噛んだ時フックが自由に動かず


フッキング率に影響が出るとかなんとか そんな話ありますけど


そんな甘噛み様はもともと乗らないでしょうし


自分の中ではそれが原因でフッキングしないとか


あまり感じたことはないんで


全然問題ないと思います。





なんか久々にフロッグの話なったんで


最近気になるフロッグの話をすると




untitled.jpg



イヨケンさん監修で今月発売?のアイオビー。


次なる人気フロッグはこれでしょう。


注文数半端じゃないみたいです・・・
 HOME